《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第四回 〜たくさんの画家たちを魅了したヴァンス〜

2021年08月28日
タグなし

近くにある「サン・ポール・ド・ヴァンス」とよく混乱されますが、「ヴァンス」という村もとても素敵です。カーニュ・シュル・メールの近くに位置して、高い崖や豊かな自然に囲まれているのでとてものどかな風景を描いています。

昔から残っている旧市街が今でもきれいに城壁に囲まれています。小さなギャラリーやアトリエが多く、あまり観光化されていない村なのでお土産屋さんなども少なめです。

旧市街の中心にある教会にぜひとも入ってみてください。薄暗くて最初は何も見えないでしょうが、目が慣れてきたら教会の奥左手にシャガールのモザイクがうっすらと見えてきます。、自由に写真が撮れ、とても貴重です。

実はそれほど知られていませんが、ヴァンスには昔からたくさんの画家が滞在しています。アーティストにとってインスピレーションを受ける場所だったのです。

スーティンやデゥフィが20世紀の始めにヴァンスに滞在、戦後はマチスとシャガールがその名前を残しました。

シャガールが1950年にパリから南仏へ移住したときに最初に住んだのもヴァンス。にぎやかな海辺より落ち着いた雰囲気が気に入ったらしく、パリ・オペラ座の天井をここで描きました。ヴァンスにてシャガール美術館の計画がありましたが、市長さんと喧嘩してしまい、その結果サン・ポールに移って、そちらの方に長く住無ことになりました。お墓もそちらにあります。

マチスは若いときからニースで冬を過ごして、アトリエを持っていました。しかし、1943年に戦争が激しくなってニースに滞在するのは危なくなった時期、ヴァンスに落ち着くことになりました。ニースでずっとお世話になっていた看護婦さんがシスターになって、ドミニコ会の礼拝堂のデザインをマチスにお願いしました。模型を作ることから始めた計画は、ブルーの瓦と真っ白な壁が特徴的で、この礼拝堂の一番の見どころになっています。青・みどり・黄色のステンドグラスが有名で世界中から見に来る人が絶えることはありません。

でもヴァンスはそれだけではありません。小さな村としてはかなり住民が多く、年中マルシェやいろんなイベントで活気があふれます。他の村と比べて観光客はそれほど多くないので、南仏の日常生活を味わいたいと思うならぜひヴァンスを訪れてみてください。

私は最後にヴァンスを訪れた日は蚤の市が開催されていました。プロの骨董商たちが美しい食器や家具を高額で販売するその傍らで、地元の人は要らなくなったがらくたを売り出すのです。思い出になる宝物が見つかること間違いなし!宝探し気分で蚤の市を楽しむのもフランスの旅行の醍醐味の一つです。

「《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第四回 〜たくさんの画家たちを魅了したヴァンス〜」に1件のコメントがあります

  1. 初めまして。
    南仏の小さな町には、偉大な芸術家が関係していることが多くありますよね。
    私は小さな町の持つ美しさ、穏やかさが大好きです。
    これからもたくさんの町や村の紹介をお願いいたします。
    日本人が訪れたことの少ない場所の情報をお待ちしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン