《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

2022年05月25日
タグなし

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。

まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palmiers、ヤシの木のイエール)とも呼ばれています。

中世に形成された、要人たちの保養地

イエールの歴史は古く、紀元前からギリシャ人たちが定住していたといいます。
中世には商業や貿易、貴族の影響によってまちが形成され、11世紀には城が築かれています。イエールの公爵がルイ9世やイタリアのメディチス家をもてなしたという記録もあります。
19世紀にはイギリスのヴィクトリア女王をはじめ、多くの要人が保養地としてイエールに滞在しています。

今回は、オフィス・ド・ツーリズムでもらった1時間半のコースを巡りました。


https://www.hyeres-tourisme.com より

絵になる鮮やかな街並み

中心部は可愛らしいパステルカラーの建物が並んでいます。レストランやお土産屋、雑貨屋などがあって賑やか。

「parcours des arts」という看板が出ている通りは、センスのよいギャラリー兼アトリエがたくさんあり、入ると作家本人が作品を説明してくれます。

ブーゲンビリアをはじめ、さまざまな花が咲いていて、すごく絵になります。
後から知ったことですが、イエールは花が豊かな町や村が選ばれる「Villes et Village Fleuris(花いっぱいの町と村)」で、最高ランクでした。

教会へ続く門の前のやぐら付きポーチ。16世紀に建てられ、19世紀に何度も改築・増築されたそう。
近づくと、アーチの内側が星空の柄になっていました。

建築物が歴史を物語る

真ん中に写っているのが、サン・ポール・コレギウム教会です。12世紀に建てられたロマネスク様式の建物で、14世紀にはゴシック様式の身廊ができたそう。

イエールは古くから歴史があるまちだけに、中世からの建物が点在していますね。

「カステル・サント・クレール公園 (Parc du Castel Sainte Claire)」には、フランス人将校であり考古学者のオリビエ・ヴーティエが眠っています。彼の功績は1820年、キクラデス諸島への遠征中に「ミロのヴィーナス」を発見したこと。
生前はこの高台に邸宅をかまえ、家族と控えめな生活を送っていたそう。

まちの最も高い場所、岩が突起しているところに城の跡地があります。11世紀に建てられたものが何世紀にもわたって改変され、1620年のルイ13世の統治下に解体されたもの。
現在は城壁だけ残っていました。

モダニズム建築 × アート

ヴィラ・ノアイユ(Villa Noailles)」は、美術収集家のノアイユ子爵夫婦が、別荘として1923年代に建てたもの。フランスのモダニズム建築の先駆けです。コクトー、ジャコッメッティ、ダリ、マンレイ、ブニュエルなど名だたる芸術家たちが、ここでバカンスを過ごしたとか。
現在はイエール市が所有していて、美術館や展覧会会場として使われています。

ヴィラ・ノアイユは高台にあり、海の見える素晴らしい眺め。

この日は現代美術作品の展示がされていました。インスタレーション的な作品が多くて、当時のモダニズム建築とマッチしていました。空間全体を楽しむ感じ。

「コート・ダ・ジュール」を生んだ海 

コースを巡り終わったので、夕暮れ前に海まで足を伸ばしました。

19世紀後半、ワインの生産地ブルゴーニュから訪れた作家が、このイエールのビーチを訪れたとき、海の青さにたいそう感動しました。作家はイエールの海を、ブルゴーニュにあるぶどう畑の丘を表す言葉「コート・ドール Côte d’Or(黄金の丘)」になぞらえて、「コート・ダジュール Côte d’Azur(紺碧の丘)」と命名しました。

現在、コートダジュールと呼ばれるエリアの中心はニースですが、もとはイエールだったんです。

ビーチを歩いていたら突然エンジン音がとどろき、スモークの線を引きながら飛行機が登場。アクロバット飛行を披露してビーチにいる人たちを驚かせていました。

夜の旧市街では深夜までダンス!

中心部に戻りレストランで夕食を食べてから、酔い覚ましも兼ねて夜のイエールを散策しました。

レストランやカフェのテラス席がずらりと並ぶマシヨン広場。奥でライトアップされているのは「Tour des Templiers(テンプル騎士団の塔)」。

石造りの壁に投影される騎士団の影がかっこいい。

塔の下では人々がDJブースを囲んでめっちゃダンスしてる!

このとき時刻は23時半。夏の南仏の日暮れは21時頃というのもあり、深夜になってもみんな帰りません。それにしても若者から高齢者まで、それぞれのスタイルでとっても楽しそうに踊っています。
しばらく夫と眺めていたら、夫が「俺も踊ってくる」と行ってしまいました。えーっ!
ダンスなんて気恥ずかしくてできない私は、呆気にとられて見ているしかできませんでした。

日付が変わってからホテルに戻りました。建物の入口で立ち止まったら、何かがガサゴソと動いている音がします。脇にある花壇を見ると・・・

ハリネズミです!
南仏では野生のハリネズミが民家の庭などに出没するそうです。

あまりにも盛り沢山なイエールの一日。このブログもいつもより長くなりました。

見どころがたくさんあるので、イエールを訪れるときは1泊することをおすすめします。
できれば深夜のダンスも楽しんでくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン