《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第六回 〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜

2021年08月05日
タグなし

「ヴェルドン渓谷(gorges de Verdon)」は、188,000ヘクタールの広大な自然が広がる「ヴェルドン地域自然公園」にあります。長さ約25km、深さは最大700mにも及び、谷底にはヴェルドン川が流れています。

ジェットコースターより怖いドライブコース

ヴェルドン川が流れつく「サント・クロワ湖(Lac de Sainte-Croix)」です。
今回は、渓谷を一周して、この湖のほとりに戻ってくるコースをドライブします。

切り立った岩山の間を登っていきます。このコース、そこらへんのジェットコースターよりずっとスリリングです。


というのも、急カーブだらけなうえに、基本的にガードレールがありません。
道路の向こうは崖! 
とにかく安全運転で進みます。

圧倒的に壮観! 渓谷を見下ろす

最初のビュースポット「Belvedere Trescaïre haut」に到着。するとそこには先客が。

先客は、車のドアを開け大音量で音楽を流し、へりに腰掛けて一人の世界に浸っています。
写真左に写っているのはスマホで景色を撮る夫。へっぴり腰になっています。
私もへりに近づくと・・・


うわぁぁぁ高いっ! 絶景!!!

真下を見ると、怖っ!! (私もへっぴり腰)

てか、ええっ!? 怖くないの?

信じられませんが、ここでロッククライミングをしたり、岩の間を綱渡りするハイラインというスポーツに挑む、強靭な精神の持ち主もいるそうです。

車に戻りさらに進むと1〜2キロおきに「Belvédère de l’Escalès」や「Gorges du Verdon」などの名称がついたビュースポットがあります。
進むごとに標高が高くなりますが、だんだん慣れて(マヒして)きます。

この渓谷の地形は数千万年前、アフリカ大陸がヨーロッパ大陸に衝突し、ヨーロッパをまたがるアルプス山脈が隆起したときにできたのだそう。

大地のダイナミズムをひしひしと感じていると、鷹でしょうか、大きな鳥が悠々と谷間へ飛んでいきました。
下界とは別世界です。

車窓から見える渓谷のいろいろ

次はヴェルドン川まで山をくだりました。

川沿いにはトレイルコースがあります。

ヴェルドン川の水はひんやりと澄んでいます。空気も爽やか。
トレイルはまたの機会にして、ドライブを続けます。


道路沿いの草むらには、よく家畜や馬が放牧されていました。
車を止めて見ていると、好奇心の強い1頭の馬が寄ってきた。かわいい。

通りがかった「 トリガンス(Trigance)」という小さな村。
プロヴァンスにいくつかある、こうした岩山の上にある村を通称「鷲の巣村」というのだそう。
トリガンスの頂上にある城「シャトー・ドゥ・トリガンス(Château de Trigance)」は中世につくられた要塞で、今はホテルになっています。

渓谷にかかる橋「Pont de l’ArtubyPont de l’Artuby」。
あまりの高さに、足がすくんで渡れませんでした・・・。

ゴール地点に設定していたサント・クロワ湖にある橋「Pont du Galetas – Gorges du Verdon」からの眺め。
ヴェルドン川が湖に流れついているところです。
日によってエメラルドブルーにもコバルトグリーンにも見えるこの鮮やかな色が、ヴェルドン川の大きな特徴です。

計画ではドライブは2〜3時間のつもりでしたが、途中何度もビュースポットで車を降りたのと、ゆっくり安全運転をしたため、半日かかりました。

渓谷の壮観な眺めは、いまも目に焼きついています。

「《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第六回 〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜」に2件のコメントがあります

  1. ご無沙汰しております。
    次回プロヴァンス訪問時にヴェルドン渓谷も行ってみたくなりました。
    来年夏は絶対にエクスに行きたい!

    1. HAYASHI (Like! Provence) Gengo

      是非是非いらしてください!!!
      それまでLike! Provence にて様々な魅力的な場所を続々とご紹介しますね!!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着投稿記事

新着投稿記事

ログイン