《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第7回 〜日曜日は「リル=シュル=ラ=ソルグ」のアンティーク市へ〜

2021年09月05日
タグなし

フランスでは日曜日は家族とゆっくり過ごす風習があり、多くのお店が閉まります。
でも日曜日だって出かけたいですよね。天気がよければなおさら。
私はよく車を1時間弱走らせて(運転は夫)「リル=シュル=ラ=ソルグ」へ行きます。

アンティーク好きが集まる街


「ソルグ川の島」という意味のリル=シュル=ラ=ソルグは、その名の通りソルグ川の支流に囲まれていて島のよう。
透き通った運河と古い水車が、その風景の特徴です。

このリル=シュル=ラ=ソルグは、アンティーク好きの間では知られた街。
街の数カ所に「アンティーク村」があり、年に2回「国際アンティークフェア」が開催されます。

そして毎週日曜日には、運河沿いで朝から夕方までアンティーク市が開かれます。これが私の目当て。


アンティーク市にあるものは、ここでしか手に入らないものばかり。
世界中どこへ行っても同じものが売っている高級ブランド品よりも、私にとって贅沢です。
しかもどれも一点物だから、物との出会いは一期一会!

昔の暮らしを教えてくれる古道具

天秤はかり。本や映画でしか見たことのなかったアイテムを前にすると、当時の人々の営みが生々しく伝わってきて、ささやかな驚きがあります。


1903年と刻まれた120年前のシルバーカップ。第一次、第二次世界大戦も乗り越えて、いまここにあるんですね。

見たことのないアイテムに出会うと好奇心を抑えられません。フランス語がわからないのに、店の人に「ケスクセ?(Qu’est-ce que c’est? これは何?)」と質問してしまいます。
すると店の人は身振り手振りを交えて説明してくれるので、かろうじて聞き取れた単語と併せて用途を推測します。


これはたぶん、葉巻立て。(後に*MAMAN*さんかが花器だと教えてくれました!)


洗いにくそうですが、ワインボトルです。いまは花瓶として使う人が多いようで、若い女性が買っていました。


ベビーカーでしょうか。手作り感がたまりません。


ときどき「こんなの誰が買うんだ!」とツッコミたくなるものもあります。

お気に入りを見つけて大切にする


アンティーク市ではキッチン用品がたくさん並びます。
衛生的に食べ物を入れるのがためらわれる物は、花瓶や小物容れとして使いたい。

一目惚れした陶器の器を購入しました。14ユーロ(日本円で約1800円)。


午前中はアンティーク市につながる形でマルシェも開催されています。広範囲に渡って店が並び、まち全体がおおいに賑わいます。


持ち帰ってきたのは、職人の手で絵付された小さな容器。凝った絵柄だと思いませんか?
砂糖や塩、香辛料などを入れるものらしいですが、
私はプロヴァンスの乾燥ラベンダーを入れて、香りを楽しんでいます。

現在は大量生産・大量消費の時代。
だからこそ、丁寧に作られ、長年大切に使われてきたアンティークに惹かれます。
私もできるだけ物を大切にしていきたいです。

「《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第7回 〜日曜日は「リル=シュル=ラ=ソルグ」のアンティーク市へ〜」に6件のコメントがあります

  1. とても可愛い容器ですね 日本ではお目にかかる事の出来ない物でしょうね 現地で現地の人達が使用する小物達をまた拝見させて下さいね 楽しみにしております

    1. すみません、いまコメントにいま気づきました。
      南仏のブロカントは可愛い小物がたくさんあってワクワクします。またいつかレポートしたいと思います!

  2. こんにちは。リル・シュル・ラ・ソルグ数年訪れていませんが素敵な街ですよね!一期一会の出会いとても個性的で愛らしい容器ですね❣️素敵です*。・+(人*´∀`)+・。*久しぶりに行きたくなりました。

    葉巻立てとご紹介のモノはpique-fleur(ピック・フラー)花器です(^^)b
    日本の剣山のように一本一本穴に差して生けます。でも用途は自由🎶葉巻やペン立てや歯ブラシ立てにしても楽しいアイテムですね☺️

    1. MAMANさん、いまコメントに気づきました。
      なんと、花器だったんですね!私の想像力ではわかりませんでした。教えてくださってありがとうございます。ブログも追記しました。
      花器だと知っていたら買っていたかも、花を生けてみたいです。
      MAMANさんの連載でブロカントの勉強させてもらっています😊

  3. 素敵な容器ですね。絵柄や風合いがとってもいいです。いいものを見つけましたね。うらやましい!!!

    1. コメントに気づかず返信遅れました!
      実はその後、容器の蓋を落として、欠けてしまいました(汗)。それでも使っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン