《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第9回 〜「アルル」のローマ遺跡とゴッホの軌跡〜

2021年11月06日
タグなし

アルルはエクスにある私の家から車で一時間ほど。
小さいまちなので歩くだけなら一日あれば十分ですが、見所が多く何度も訪れたいこところです。

古代ローマ時代を物語る「円形闘技場」

アルルは紀元前6世紀頃にギリシア人が開拓した後、紀元前1世紀にローマの植民地となりました。アルルは地中海へ続くローヌ川沿いに位置しているため、ローマ人は運河を建設し、アルルを地中海交易の要所としました。

そうしてアルルは「小ローマ」と言われるほど繁栄します。
現在、その形跡であるローマ時代の遺跡がいくつもあり、それらは世界遺産に登録されています。

紀元前90年、アルルがローマの植民地になった初期に造られた円形闘技場です。
剣闘士の戦いや猛獣狩りの舞台で、収容した人数は2万人以上。東京武道館の収容人数よりも多いです。
いまでもお祭りのときなどに、ここで闘牛が行われます。

闘技場にはあらゆる身分の市民が訪れたといいます。この暗い回廊を、これまでどれくらいの人が歩いたのでしょう。

中世になると闘技場は要塞に改造され、なかで人が暮らしていた時期もあったそう。一時期は200以上の家が並び、教会や広場まであったとか。


闘技場はアーチの連なりが2層になったつくりで、アーチの上に登れます。アーチはもともと3層だったそうですが、長い歴史のなかで一番上が失われました

それでも上に上るとかなり高く、まちを一望できます。
赤茶色をした家々の屋根の向こうに、アルル繁栄の要となったローヌ川が見えます。川はカマルグを経て地中海へと続いています。

こういう、生活感があるところについ目がいってしまう。
プロヴァンスの人たちは、テラスを部屋の一部のように使います。居心地よさそう。

いまも音色が響く古代劇場

円形闘技場と並び重要なローマ遺跡「古代劇場」。
造られたのも円形闘技場と同じ紀元前です。しかしこの劇場が使われたのは5世紀初頭まで。以降はアルルの都市づくりのために大理石の柱や彫刻を持っていかれてしまいます。大部分が取り壊され、9世紀には要塞にされたりもしました。
劇場として復元したのは17世紀になってからだそう。

そして現在、驚いたことに古代劇場は現役です。
この日はハープの無料コンサートが開かれていました。会場が持つ時間の厚みに思いを馳せながら聴く音色は、いっそう心に染みます。

ゴッホが描いたアルル

アルルはゴッホが描いたまちとしても有名ですね。
しかしゴッホがアルルにいたのは1888年2月からの15ヶ月間と、実はそれほど長くはありません。
にもかかわらずゴッホはここで約200点もの作品を描いています。

ゴッホはアルルに来た当初、ゴーギャンとともに夢の共同生活をしながら活動しました。
しかし、ゴーギャンはゴッホの不安定な精神状態に耐えかねてアルルを去ります。ゴッホが自らの耳を切り落としたという有名な逸話は、このときの出来事です。

ひとりになったゴッホはますます精神を病んでいき、やがて自身もアルルを去ることに。精神病院に入院するなどした後、1890年7月に銃で自殺しました。


ゴッホの代表作のひとつ『夜のカフェテラス』。
これは、
アルルのフォーラム広場にある「カフェ・ヴァン・ゴッホ」というカフェが被写体です。

ほかにも、アルルには名画が生まれた場所がいくつもあります。

精神を病みながらも、何かに突き動かされるように絵を描いたゴッホ。
アルルの空気は、彼の感性を大いに刺激していたことでしょう。

「《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第9回 〜「アルル」のローマ遺跡とゴッホの軌跡〜」に1件のコメントがあります

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.2

こんにちは。南仏エクサン・プロヴァンス在住の青漣です。食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 悲喜こもごも2022年ミシュランガイドも発表されましたね。 こちら2回目となりました南仏レスト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第13回 〜ミモザ!ミモザ! ミモザ! 一足早い春の訪れ〜

冬のマルシェに並ぶミモザ プロヴァンスというと温暖なイメージがありますが、冬は東京と同じくらい寒いです。 街を歩くマダムたちも、ブーツにジーンズ、ダウンジャケットを着込んでバッチリ防寒します。 そんな真冬から春先にかけて

記事を読む
ログイン