《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第8回 〜湿地帯「カマルグ」の白馬と幻想的な夕暮れ〜

2021年10月08日
タグなし

独特の地形をした湿地帯

カマルグは、ヨーロッパ最大規模の湿地帯です。
グラン・ローヌ川とプティ・ローヌ川、地中海に囲まれた3角のエリアで、カマルグ地域自然公園にあります。ローヌ川が何千年にもわたって運んだ土砂が土壌となり、独特の景色が広がっています。


(カマルグの地図。「アルル カマルグのオフィス・ド・ツーリズム」からダウンロードできます)

地図で見ると、湖や池が点々としていて、いまにも地中海に沈みそう(沈みません)。
海の側は塩田になっていて、ほんのりピンク色。フランスで唯一の水田もあります。

フラミンゴをはじめ数百種類の野鳥、黒牛、白い馬など、カマルグならではの生き物が生息していて、国立自然保護地域や地方自然公園、UNESCOの生物圏保護区に指定されています。

今回は、最も湖や池の多いエリアをドライブします。

王子様のようなカマルグ馬

 

アルルを車で南下しカマルグに近づくと、カマルグ馬といわれる白馬をたくさん見かけるようになります。「白馬の王子様」なんて言い方がありますが、エレガントで馬自体が王子様のような雰囲気。草原をかける姿はハッと目を引きます。


沼地が多いカマルグでは、車ではなくカマルグ馬で移動する習慣があり、ガルディアンという現役のカウボーイが暮らしているそう。観光客向けに乗馬体験ができる牧場がいくつもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後日、私も白馬に乗りました。

初めての乗馬でしたが、フランス語で説明を受け、何と言われているのかよくわからないまま、出発しました。案外どうにかなるもので、車では入れないカマルグの湿地帯の奥地を歩き、海辺を走りました。目線が高くなって景色はいいし、風を切るのも気持ちがいい。歩くたびに馬の背中の筋肉のうねりが伝わってきます。落馬しないように、片手でたて髪をつかむんですが、このたて髪が風になびいて優雅なんです。おかげで馬が大好きになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鏡のように空を映す水面

池や湖のすぐ脇を走る道では、スピードを緩めずにはいられません。
何度も車の窓を開けてカメラをかまえました。

水面が空を反射して、まるで水の鏡です。
夕暮れが近づき、桃色に染まり始めると水面も染まって幻想的。

水辺にはサギやカモ、白鳥などの水鳥がいます。
残念ながら、この日はフラミンゴの群れは見つけられできませんでした。フラミンゴは冬季はアフリカ大陸へ渡りますが、カマルグに残るフラミンゴもかなりいるそうです。

やがて太陽が水平線の向こうへ傾き、空も水面も赤く染まりました。
民家はほとんどないため、辺りに人工の明かりはないし、車も時々すれ違う程度。
鳥の鳴き声や風の音しかしない、静かな夕暮れです。

刻々と変化していく空と湖の色。どの瞬間も美しくて見逃せません。

日が沈んだ後もしばらく明るく、辺りは薄紫に染まります。
水墨画のように繊細な濃淡。美しさに心が洗われます。

一日の終わり。たくさんの鳥たちが、それぞれ群れをなして、どこかへ帰っていきました。


(輝き始めた月の下を鳥たちが横切っている様子。走る車から撮影)

カマルグのお土産

カマルグでは、ローマ時代から塩の採取が行われてきました。
なかでも「フルール・ド・セル(Fleur de Sel 日本語で塩の花)」、もしくは「ペルル・ド・セル(Perle de sel 塩の真珠)」と名づられたものは、高級塩として有名です。塩田で海水を天日干しをした際、最初に水面に現れた結晶を使用しているのだそう。

またカマルグでは地形を活かして稲作をしており、日本酒もつくられています。一度飲んだことがありますが、甘くてフルーティーなワインのような味でした。

この場所は動物たちの美しい楽園です。
恥ずかしながら、私はこの世界にカマルグのような広大な湿地帯が存在することさえ、知りませんでした。世界は広くて、知らないことがまだまだたくさんあるんだなと、改めて感じた旅でした。

「《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第8回 〜湿地帯「カマルグ」の白馬と幻想的な夕暮れ〜」に3件のコメントがあります

  1. こんにちは🌼
    カマルグを取り上げて下さって凄く嬉しいです😊
    以前、南仏を訪れた際、どうしても行きたくてアルルからバスを乗り継いで訪問しました。
    ブラックマリアやフラミンゴに白馬など、フランスの中なのに違う国のように感じたのを覚えています。

    掲載されている夕暮れ時の写真がとても綺麗ですね!
    ぜひ夕暮れのカマルグも見てみたくなりました。
    素敵な景色をありがとうございます

  2. 小川 香津代

    カマルグの静かな夕暮れ、移ろいゆく幻想的な美しさに感動しました。
    大自然の中で、穏やかに時が流れるのを感じられる旅は素敵ですね。
    今回 カマルグで稲作や日本酒作りがされていると知り、味わってみたくなりました。興味津々です!

  3. 幻想的な素敵な風景ですね。鳥の群れの写真はいいですね。旅行中の異国であれば、なおさらの感傷が沸くと思います。身を置いてみたいと強く感じました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン