【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

2022年04月25日
タグなし

セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。

シトー会って何?

シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。

清貧を貫くシトー会の修道士たちは、その服装も質素で、染色しない白い修道服を着ていることから「白衣の修道士」とも呼ばれています。

彼らは学問と労働を重んじていて、自ら農業を行います。
かつては開墾や農法の普及を行い、ブルゴーニュのワイン作りをはじめ、フランス国内に大きな影響を与えました。

整地作業をするシトー派の修道士

しかし、1789年に勃発したフランス革命で、シトー会の修道士たちは国内から姿を消してしまいます。
革命が終わると亡命した者たちが戻ってきて、現在のシトー会「厳律シトー会(トラピスト会)」として復興しました。日本にも現在、北海道にトラピスト修道院があります。

山に囲まれた簡素な修道院

プロヴァンスには、「プロヴァンスの三姉妹」と呼ばれる3つのシトー会の修道院が現存していて、セナンク修道院はそのひとつです。ほかに「ル・トロネ修道院」「シルヴァカーヌ修道院」という修道院があります。
三姉妹のうち、いまも現役で修道士が暮らしているのはここセナンクのみ。

シトー会の修道院は、人里離れた僻地に建っています。セナンク修道院もしかり。
そしてセナンク修道院では、ラベンダーの栽培が行われています。
ということで、前置きがかなり長くなりましたが、セナンク修道院はラベンダーの名所なのです。

ラベンダーごしに眺める12世紀の建築

セナンク修道院のラベンダー畑は、前回紹介したヴァランソルにある畑と比べると小さいです。
ここの見どころは、ラベンダーと12世紀の建築物のコンビネーションです。

セナンク修道院は12世紀に建てられ、フランス革命での被害を免れ、当時の姿をとどめています。
シトー会らしく、普通の教会にあるような彫刻や壁画、ステンドグラスなど華美な装飾はありません。とてもシンプルです。

セナンク修道院の建築様式は、10世紀末から12世紀にかけて最新だったロマネスク様式です。
分厚い壁や開口部の半円アーチ、小さな窓などが特徴です。

裏側は補修工事中でした。900年前の建築を維持するのも大変そう。

みなラベンダーごしに修道院を眺めていました。向かって右手の建物はラベンダーグッズのショップが入っています。それから寝室や回廊、教会なども見学できます。厳格な修道院の生活、私には絶対無理! だけど、憧れます。

プロヴァンスの風景に溶け込むラベンダー

セナンク修道院の帰り道、山を降りてきたところで、雰囲気のいいのラベンダー畑を発見!

風が吹くと一斉になびいてまたキレイ。

遠くに小さな村が見えます。セナンク修道院があるリュベロン地方は、ああいう村がいくつも点在しています。

少年がラベンダーのエッセンシャルオイルを直売していました。

プロヴァンスには、名所以外にも至るところにラベンダー畑があって、シーズン中は鮮やかな紫色をよく目にします。マルシェでも花束が並びます。ラベンダーはプロヴァンスの風景の一部なんですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン