【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.7 Jour de muguet(すずらんの日)

2022年05月01日
タグなし

5月1日は、フランスでは「労働祭」(Fête du Travail フェット・デュ・トラヴァイ)、いわゆるメーデー(労働者の日)で祝日ですが、すずらんの日(Jour de muguet ジュ・デュ・ミュゲ)でもあります。

フランスでは、この日一輪の「すずらんの花」(Muguet ミュゲ)を大切な人に贈る習慣があります。香水の原料としてよく使われる、みずみずしく甘酸っぱいフローラルな香りの「すずらんの花」は「幸福をもたらす花」と言われています。

 

この素敵な習慣はどのように始まったのでしょうか?その起源は16世紀までさかのぼります。

1560年の春、フランス王シャルル9世(Charles IX シャルル・ヌフ)は、母カトリーヌ・ド・メディシス(Catherine de Médicis)を連れて、ある騎士を訪問します。騎士は国王たちを歓迎し、自分の庭の「すずらんの花」を一輪、母后に贈りました。この贈り物を気に入ったシャルル9世は、翌年1561年から毎年5月1日、宮廷に使える全ての女性に一輪の「すずらんの花」を贈るようになったそうです。

 

フランスでは、5月1日に限り特別な許可なく「森で摘んだすずらんの花」を販売することが認められ、街頭に「一日すずらん屋さん」がお店を出しています。毎年この日のVide grenier(フランスのフリーマーケット)でも雑貨などと一緒にすずらんの切り花が売られています。一般人が売る場合は根の付いていない切り花に限る!ルールがあるそうです。

 

大切な人に感謝の気持ちをこめて、幸福を呼ぶ「すずらんの花」を贈ってみませんか?

 

100年前のフランス人もすずらんのポストカードをこの日に送っておられた様です。このブログに遊びに来て下さったみなさまにも。。。ささやかですが幸せを願ってLike!Provenceよりすずらん動画を贈らせて頂きます。

 

 

「【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.7 Jour de muguet(すずらんの日)」に8件のコメントがあります

  1. なんてステキな話なんでしょう😌毎年仕えていた女性たちも喜ばれたに違いないですね❣️  💕ささやかな幸せ💕全世界に願います😌🙏   ママンさんのステキなコレクションカードに目はハートです😍😍 ちなみに勿忘草⁈ブルーの小花のカードはどんな意味がありますか?教えて下さい😊🙏

    1. cherque様、コメントありがとうございます🤗

      シャルル9世はきっと女性たちに大人気だったでしょうね🤭💕
      ささやかな幸せ🍀が全世界の願いですね🙏

      忘れな草はドイツの伝説があります。恋人がドナウ川の辺りを散歩していて岸辺に咲く青くて可愛い花を恋人のために摘もうとして川に落ちて流されてしまいました。その時手にはその花を握りしめ恋人に向かって「私のことを忘れないで」と叫んだとか。

      ドナウ川は実際に見ると流れの速い大河です💦
      無謀だしドジにも程があると突っ込みたくなる彼氏さんですが。。。

      この伝説から忘れな草の花言葉は「私を忘れないで」「あなたのことを忘れない」です。
      カードにもそんな意味があると思います。遠距離恋愛中の二人にぴったりですね💙😌💙

      1. びっくり😳ドジ😅😂
        すずらんの日に自分のカードを調べた所 勿忘草のカードが多かったのでお尋ねしました☺️🙏
        早速ありがとうございました😌🙏

        1. いえいえ💙🌿
          笑うに笑えないドジ話ですよね😅
          私も手持ちのカードはすずらんより忘れな草の方が多いです🤗可憐で愛らしい花なので自然と目につくのでしょうね( ꈍᴗꈍ)💙🌿

  2. Mamanさん、
    すずらんの日の事をありがとうございます!
    だれでも販売できるのですね💕
    朝から通りに机を出して、男の子たちがすずらんを売っているのをあちこちで見かけて、微笑ましく思いました。
    切花限定なんですね。
    お花屋さんでは鉢植えが出ていて、しっかり差別化してたことがわかりました😊
    100年前のすずらんのポストカード可愛い😍 

    1. cherry様、コメントありがとうございます😌

      街角のすずらん売りの少年微笑ましいですね🎶お花屋さんとの区別かもされていて、売る時のお花屋さんとの距離も決まっているそうですよ。

      ポストカード動画も楽しんで頂けて良かったです(*˘︶˘*).。.:*🤍🌿

  3. Mamanさん

    こんにちは^ ^
    ミュゲの日は、16世紀から続いているのですね。
    毎回勉強になります(*˘︶˘*).。.:*♡

    ハラリと置かれるポストカード、
    どれもこれも手が混んでいて、
    ハッとする美しさですね♡

    ありがとうございます♪

    1. morry様、コメントありがとうございます。

      すずらんの日はフランスの風習の中でも憧れです。
      スーパーでもご老人がすずらんの花を握りしめレジに並ばれる姿は微笑ましいです。
      シャルル9世グッジョブです(笑)

      日本でもすずらんの日浸透してきましたね。インスタグラムでも美しいすずらんや素晴らしいすずらんコレクションが多数投稿されていましたね。目の保養になりました。

      ポストカード動画ほっこりしていただけて嬉しいです。ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン