【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

2022年04月06日
タグなし

「ラベンダー街道」をゆく

プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。

ラベンダー畑は至るところにあり、それらを巡るルートは「ラベンダー街道」と呼ばれています。ドライブやサイクリングにもってこいです。
ただ、このラベンダー街道は全長1,000km近くと、なかなか制覇できる距離ではありません。
そこで、このプロヴァンス・ダイアリーでは、ラベンダー街道で通る3つのエリアを紹介したいと思います。旅行会社が企画するラベンダーのツアーも、基本的にはこの3つのエリアに入っています。

1:Valensole(ヴァランソル)エリア
2:Sault(ソー)エリア
3:Notre-Dame de Sénanque(セナンク修道院)エリア

どこもエクス・アン・プロヴァンスから車で出発して、それぞれ半日以上かかります。
せっかく足を延ばすのだから、周辺の観光スポットにもよりながら1日かけてのんびり行くのがおすすめです。

注意したいのは、エリアによって標高が違うため開花時期がズレることです。特に3のソーの辺りは標高が高く開花が遅いので、満開を狙うなら事前に情報収集を。
日本の桜を同じように、この時期になるとプロヴァンスでは「ラベンダーはそろそろ満開?」なんて世間話を耳にするようになります。
あるいはSNSで# lavande #Provence #Saultなどとフランス語か英語で検索すると、観光客が投稿したリアルタイムのラベンダー畑を見られます。なんたってラベンダーの時期は世界中から観光客がやっていて、大撮影会が始まるのだから。

まるで紫色の絨毯!プロヴァンス最大級のラベンダー畑

視界いっぱいのラベンダー畑を見られるのが1のヴァランソルエリアです。
今回は マノスク→ヴァランソル→ムスティエ・サント・マリーのコースです。

マノスクには日本でも親しまれているプロヴァンス発のコスメブランド「L’Occitane」の工場もあるので、立ち寄ってもいいですね。予約をすれば無料で1時間程度の工場見学ができます。

ラベンダー街道の地図を片手に車を走らせていると、ちらほらとラベンダー畑が見えてきます。ヴァランソル高原まで着くと、大きな畑が目に飛び込んできます。付近の駐車場に車を停めて、畑の中を散歩します。

ずーーっと遠くまで続く畝。圧巻です。

ちなみにラベンダー畑は勝手に入ってOK。皆ずんずん入っていきます。
360度ラベンダーに囲まれる至福を体験しましょう。

ラベンダー畑ではたくさんの蜂がせっせと蜜を集めていて、羽音が聞こえてくるほどです。ちょっと警戒しましたが、畑に入っても彼らが刺してくることはありませんでした。蜂たちが集めたラベンダーの蜜は、申し訳ないけど人間のお土産になります。

奥に見える建物は、収穫したラベンダーからエッセンシャルオイルを抽出する蒸留所です。ここのラベンダーを刈り取って蒸留するんですね。

次から次へと現れるラベンダー畑

ドライブを再開すると、大小のラベンダー畑が前から後へと流れていきます。車道のすぐ脇がラベンダー畑なので、窓を開けていると香りが車内まで届きます。

じっくり見たい景色があったら車を停めます。駐車場がない場所はみんな路駐していました。

色彩鮮やかな絵画の中にいるみたいですね。

やがて最も広大な畑に到着しました。見渡す限り、延々とラベンダーが続いています。

ドレスアップした女性が畑に入ってポーズを決め、それを男性が撮っている光景が、そこかしこで見られます。

いろんな言語が聞こえてきます。フランス語や英語だけでなく、スペイン語や中国語、どこの国か特定できないものまで。ヨーロッパ中、世界中から観光客が訪れていることがうかがえます。

夕日に染まるラベンダー

だんだん日が傾いてきて、ラベンダー畑もオレンジ色に染まっていきました。

美しい・・・。しっかり目に焼きつけます。

帰り道、たまたま誰もいないラベンダー畑を発見。記念撮影をしたんですが、、

一日中ドライブをして疲れていたとはいえ、ラベンダー畑でこんなに気だるそうに写真に写る人はそうそういないでしょう、我ながら残念。。

写真はいまいちでも、最後に素敵な景色を独り占めできてラッキーでした。
ラベンダーの香りに包まれながら畑に佇んでいると、プロヴァンスは地上の楽園だな、とつくづく思えます。

次回は2のセナンク修道院のエリアを紹介します。

「【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜」に4件のコメントがあります

  1. まさしく私が見たい景色です‼️
    夢のようです‼️
    以前、ラベンダーを見に行きたいと思って計画しましたが、交通の便など考えて結局、他に行きました💦
    次回は何としても行きたいと思っています‼️
    次の投稿も楽しみに待っていますー‼️

  2. 地図を用いて分かりやすい説明をありがとうございます。
    昼も綺麗だけど、夕日タイムは本当マジックですよね。
    ヴァランソルエリアでしかラベンダーを見ていないので、今年はセナンク修道院とソーのエリア、どちらか見に行きたいと思っているので、次の記事も楽しみにしています(^ ^)

    1. 本当、夕日に染まるラベンダー畑には感動してしまいました✨
      セナンクは修道院とセットで、ソーは村の観光とセットで楽しむ感じでした。
      ひとくちにラベンダー畑といっても、エリアによって趣が違いますね。
      素敵なラベンターの風景に出会えますように😊

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン