《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

2022年03月20日
タグなし

あの歌の橋は途中で終わっていた!

アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。

歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。
スイスを源流に地中海まで続いているローヌ川にかかっています。

あれ? なんかおかしい・・・と思いますよね。
そうなんです、橋が途切れているんです。

橋の正式名は「サン・ベネゼ橋」。

橋の名前になっているベネゼという羊飼いが、天使から「橋をかけなさい」とお告げをもらい、建造を決意。数十人の男が束になっても動かなかった大きな岩を、ひとりで川に投げ込み、橋の基礎にしたといいます。
こうして1177年から8年の歳月をかけて橋は完成しました。当初の橋の長さは900mもあり、対岸のまち「ヴィルヌーヴ=レザヴィニョン」とアヴィニョンをつなぎました。


対岸までつながっている頃のサン・ベネゼ橋。1575年に出版された『Civitates orbis terrarum』に掲載。

その後、橋は戦争やローヌ川の氾濫によって何度も落橋と修復を繰り返しました。
しかし修復は17世紀に打ち切られ、現在に至ります。まさかの放置!

橋の先端で記念撮影ができます(コロナ禍仕様)。
橋の上は、プロヴァンスの強い日差しを遮るものがないので、帽子は必須です。

冒頭に出てきた歌「アヴィニョンの橋の上で」は、落橋と修復を繰り返していた15世紀頃につくられたものです。

アヴィニョンの橋で♪ おどるよおどるよ♪
アヴィニョンの橋で♪ 輪になっておどる♪

このサビの部分、耳に残りますよね。

橋の上は輪になって踊れるほど広くはないのですが、当時のアヴィニョンの民衆は、ローヌ川のほとりで夜な夜な歌い踊るほど、浮かれていたといいます。

なぜって?
それは、ローマ教皇がこのアヴィニョンにいたからです。

ローマ皇帝がもたらした華やかな時代

1309年から1377年までの69年間、7代のローマ教皇がアヴィニョンにいました。

ローマ教皇といえば、キリスト教カトリック教会の最高指導者。
本来ならローマにいるはずですが、フランス王との勢力争いによって、アヴィニョンに移されたのです。
この期間は「アヴィニョン捕囚時代」などと呼ばれています。

ローマ教皇がいる間、アヴィニョンのまちはおおいに栄えました。
「教皇庁宮殿」をはじめ修道院や教会などの建物が建ち、ヨーロッパ中から芸術家たちがやってきました。

右の建物が教皇庁宮殿、左は「ノートルダム・デ・ドン大聖堂」です。
どちらも巨大で、見上げると口が開いてしまいます。

教皇庁の正面は広場になっています。地下鉄の入り口もあり、人の行き来が激しいアヴィニョンの中心地。

写真は撮っていませんが、教皇庁の中には12ユーロで入ることができます。受付で渡されるタブレットで日本語の案内も聞けます。

教皇庁に向かって左手には「プティ・パレ美術館」があります。
建物は14世紀にローマ教皇個人の邸宅として建てられたものです。
入場無料ですが、見応えあり。

例えばこれはボッティチェリの作品です。
ボッティチェリを無料で見られるなんて、日本では考えられませんよね。

ここまでで紹介したサン・ベネゼ橋、教皇庁宮殿、ノートルダム・デ・ドン大聖堂、プティ・パレ美術館は、「アヴィニョン歴史地区」としてまとめてユネスコ世界遺産に登録されています。

一つひとつが巨大なので、全部めぐるとかなりの距離です。歩きやすい靴で行きましょう。

500年経っても続く余韻

まちは地元の人も観光客も入り混じり賑わっています。

かつて染め物屋街だったタンチュリエ通りや、ミニ料理教室が開かれる市場(コロナ禍では中止)などの見どころがあります。
ブティックやギャラリーのセンスの良さは、さすがかつて芸術家が集まっていただけあるな、と思わせます。

こういう、まちかどの小さなレストランに惹かれてしまう。

教皇庁宮殿の裏手の小道です。岩と建物の境目がわかりません。

アヴィニョンのまちは、歴史とともにありました。
もちろん、ほかのプロヴァンスのまちにも歴史はあるのですが、アヴィニョンはひときわ歴史の色が濃く、ローマ教皇がいた時代の余韻がいまも続いている感じ。

500年以上経っても消えないほどの賑わいとは、どれほどのものだったのでしょう。
当時の雰囲気を想像すると、あの軽快な歌がよみがえります。

アヴィニョンの橋で♪ おどるよおどるよ♪
アヴィニョンの橋で♪ 輪になっておどる♪

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン