《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

2022年03月08日
タグなし

ムスティエ焼きで知られる小さな村

ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。

このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる橋「Pont du Galetas – Gorges du Verdon」から車で10分強のところにあります。

この辺りは、切り立った岩山とその間を流れる清流の、迫力ある景勝が広がっています。ムスティエ・サント・マリーも遠くから見ると、断崖絶壁を背負っているのがわかります。

ムスティエ・サント・マリーは車かバスでしかアクセスできませんが、人気の高い観光地で「フランスの最も美しい村」にも登録されています。

人気が高い理由のひとつは「ムスティエ焼き」という高級陶器の生産地だから。

ムスティエ焼きは17世紀から始まり、フランス王宮でも使われていたそうです。その後時代の流れとともに一時は衰退しますが、1920年台に復活。現在も昔と変わらない工法で、職人が一つひとつ手作業で絵付しています。

ムスティエ焼きのお店に入ると、多種多様な陶器があります。お皿だけでなく、花瓶やランプ、小物入れ・・・。どの陶器も白さが美しいです。この白さがムスティエ焼きの大きな特徴です。

フランスの古い家へ行くと、よくお皿を絵画のように壁に飾っているのを見ます。以前ご高齢のマダムの家に民泊をしたとき、ムスティエ焼きが飾ってありました。やはり特別なお皿なんですね。

水の音に包まれた可愛らしい風景

村の中央には澄んだ小川が流れていて、両岸のレストランやお土産屋にせせらぎが届きます。

ところどころにプロヴァンスらしい泉があります。このように水が豊かなところが、陶器の産地として栄えた理由のひとつです。

路地に入るとギャラリーや雑貨屋があり、村全体がおしゃれというか、可愛らしいというか、歩くだけで楽しいです。
L’Étoile Givrée」というアイスクリーム屋がおいしいので、散歩のお供にぜひ。

石段の先にある長めのいい礼拝堂

村の一番高い場所、岩山に貼り付くように「ノートルダム・ド・ボーヴォワール礼拝堂」があります。長い石段を登って行くのですが、これがちょっとした登山のように大変でした。

素朴な教会にたどり着いたら、なんと結婚式が行われていました。入口を開放していたので、外から見学できました。牧師の言葉を聞き、全員で歌を歌ったりしています。

村の向こうまで見渡せる素晴らしい景色。遠くにサント・クロワ湖も見えます。鳥になったような気分です。

帰り道で、結婚式に遅刻している参列者たちとすれ違いました。まさかこんな長い石段を登ることになろうとは思っていなかった様子。でもなんだか楽しそう。

テーブルの上で存在感を放つお皿

お土産に買ったムスティエ焼きです。

お花と鳥は、ムスティエ焼きで最もよく描かれるモチーフです。この鳥を見て、手塚治虫の火の鳥を思い出すのは私だけでしょうか。

また、右上の2枚のお皿はちょっと変わった輪郭をしています。これは、プロヴァンスの噴水の形なのだとか。

左の器はおたまやカトラリーを置くためのものですが、日本人としては焼き魚かな。気球のモチーフは、1783年にフランスで気球による世界初の有人飛行が行われたことにちなんでいるそう。

ムスティエ焼きは一般的なお皿よりも軽くて、一枚いちまい形も絵も微妙に揃っていません。その分、工業製品にはないぬくもりがあります。
テーブルに置いたときの存在感は唯一無二。
大事に使っています。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第24回 〜ノストラダムスが予言書を書いたまち「サロン・ド・プロヴァンス」〜

サロン・ド・プロヴァンスは、人口4万人ほどのまちで、ノストラダムスがいたことで知られています。 また、空軍基地や空軍士官学校があり、たまたま車で通りがかったときに、アクロバット飛行をしている戦闘機を見たこともありました。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第23回 〜 「サン・トロペ」後編:セレブの街をそぞろ歩き 〜

ここはセレブの街サン・トロペ。 エルメス、シャネル、グッチ、ヴィトン・・・歩いているとハイブランドのブティックが次々と目に飛び込んできます。 ふいに目の前にオープンカーが止まり、モデルのようにきれいな女性が男性にエスコー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第22回 〜「サン・トロペ」前編:ブリジット・バルドーが愛した港町〜

小悪魔ブリジット・バルドー 60年代に一世を風靡したブリジット・バルドーをご存じですか? パリ出身の女優でありモデル、歌手でもある彼女は、そのセクシーかつ野生的な魅力で人々を虜にしました。 「ヨーロッパのマリリンモンロー

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.5 Mickaël Féval

皆様こんにちは。南仏エクサンプロヴァンス生活6年目の青漣と申します。食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の籠ったお料理を求めて放浪しています。 今回は、緑深まるブラタナス並木が美しいミラボー通りからすぐの星付きレストランに突

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第24回 〜ノストラダムスが予言書を書いたまち「サロン・ド・プロヴァンス」〜

サロン・ド・プロヴァンスは、人口4万人ほどのまちで、ノストラダムスがいたことで知られています。 また、空軍基地や空軍士官学校があり、たまたま車で通りがかったときに、アクロバット飛行をしている戦闘機を見たこともありました。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第23回 〜 「サン・トロペ」後編:セレブの街をそぞろ歩き 〜

ここはセレブの街サン・トロペ。 エルメス、シャネル、グッチ、ヴィトン・・・歩いているとハイブランドのブティックが次々と目に飛び込んできます。 ふいに目の前にオープンカーが止まり、モデルのようにきれいな女性が男性にエスコー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第22回 〜「サン・トロペ」前編:ブリジット・バルドーが愛した港町〜

小悪魔ブリジット・バルドー 60年代に一世を風靡したブリジット・バルドーをご存じですか? パリ出身の女優でありモデル、歌手でもある彼女は、そのセクシーかつ野生的な魅力で人々を虜にしました。 「ヨーロッパのマリリンモンロー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第21回 〜ヨーロッパで最も美しいビーチがある「ポルクロル島」〜

車がいない穴場の島 ポルクロル島(Il de Porquerolles)は、第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜で紹介したイエールから、船で約20分のところにある島です。 イエールにはポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
ログイン