《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第12回 〜 マルセイユ港編:魚市場とブイヤベース 〜

2022年01月11日
タグなし

活気に溢れる魚市場

19世紀まで貿易の中心地として栄えていたというマルセイユの旧港。
そこにある「ベルジュ河岸(quai des Berges)」では、毎日午前中に魚市場がたちます。
カモメが空中を旋回する下で威勢のいい掛け声が飛び交い、活気に溢れています。


魚市場の後ろは海! 漁師たちが船と陸をまたいで行き来しています。

見慣れない深海魚からマグロまで、その場で魚を捌いています。ワイルド!

親子でしょうか、くわえタバコがサマになってますね。

かなり高齢の方も、買い物にきていました。

余談ですが、マルセイユに限らずこっちでは高齢者がマルシェで買い物をしている姿をよく見かけます。
車で大型スーパーへ行くよりも、歩いてマルシェへ行き、おしゃべりしながら買い物をする。昔ながらのライフスタイルなのでしょう。

マルセイユ名物「ブイヤベース」

水揚げされたばかりの新鮮な魚介が出回っているマルセイユ。
ここには「ブイヤベース」という、魚のスープの郷土料理があります。
もともと売れ残りの魚をごった煮にして食べていたのが始まりなのだそう。


ブイヤベースを食べに、『地球の歩き方』に載っていた「シェ・フォンフォン(Che Fonfon)」という店にやって来ました。
店の前にはちょっとしたヨットの停泊地があります。
停まっているヨットは個人の所有物で、知人から聞いたところによると、ここはマルセイユの中でも停泊料がお高いエリアなのだそう。シェ・フォンフォンもちょっとお高いレストラン。


さっそくブイヤベースと注文すると「これらの魚を使います」とテーブルまで見せに来てくれます。どれが何の魚か、私にはほとんどわかりませんでした・・・。

しばらくすると、魚だしのスープと、調理した魚が別々に出てきました。
カリカリに焼いたバゲットと、「アイオリ(Aïoli)」というニンニクのソース、「ルイユ(Rouille)」という唐辛子入りアイオリもついてきます。

まずは、ソースをパンにつけてスープに入れ、パンにスープを染み込ませていただきます。
それからメインの魚をスープに入れて、ほぐしながら食べます。
徐々にスープが減ってくると、店員がやってきて熱々を注ぎ入れてくれます。


ブイヤベースは店によって個性があります。これはエクス・アン・プロヴァンスにある「La Brocherie」というお店で注文したときのもの。貝や海老も入っていて、シェ・フォンフォンが洗練された味なら、La Brocherieは家庭的な味がしました。

とはいえ、正直どこのブイヤベースも期待していたほどおいしくはありませんでした(笑)。
やっぱり、魚料理で日本の右に出る国はない!

大都市なのに海がキレイ

シェ・フォンフォンを出てからすぐ近くの海まで歩くと、人々が海水浴を楽しんでいました。


すぐそこに道路が通っている都市部なのに、海水は透き通っています。
これ、東京出身の私からすると不思議な光景。同じ都市部でも、東京の海は汚くてこんな風に泳いだりできないから。

マルセイユは、都市とキレイな海が隣り合わせ。
繁華街やショッピングモールを歩くことも、海水浴をすることも、おいしい魚介を食べることもできる、いいとこ取りの街なのでした。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン