【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.3 ガレット・デ・ロワとブリオッシュ・デ・ロワ

2022年01月13日
タグなし

ガレット・デ・ロワ

フランスでは1月6日公現節にガレット・デ・ロワを頂く伝統があります。一般的にはフランジパーヌ(アーモンドパウダー、バター、卵、砂糖を使ったクリーム)をパイ生地で包んだガレット・デ・ロワ(中にフェーヴが入っている)が近年日本でも有名です。

※公現節とは、フランス語でEpiphanie(エピファニー)という名のカトリックの祝日です。東方の三博士がキリストを拝むためにやってきたことを記念する日です。

家族が集まりその中で一番小さい子供がテーブルの下に隠れて、目隠しをして大人の誰かが切り分けながら子供に誰に配るかを指名させます。当てた人がその日の王様(お妃様)になり紙で作った王冠を被ります。皆から祝福を受け、その幸運は1年間継続すると言われています。

1月6日に限らず、1月中に大勢で集まる会、職場や学校の給食等でも必ず振舞うお菓子です。なので数回に渡って頂く機会があります。

娘の誕生日が1月なのでお誕生会では毎年娘が作って振舞ってくれました。

娘が小学生の頃、家庭教師のシルビー先生から教材として教わったレシピです。

小学生の子供が作れる簡単で美味しいガレット・デ・ロワです。

〜Sylvie先生のGalette des rois〜

《材料》

【フランジパーヌ】

  • バター 100g
  • 砂糖 125g
  • アーモンドパウダー 125g
  • 卵 2個
  • 牛乳大さじ 3杯

【生地その他】

  • パイ生地 2枚
  • 卵黄(塗る用) 1個
  • la feve (そら豆または人形) 1個
  • 紙で作った王冠 1個

《作り方》

1.【フランジパーヌ】の材料、溶かしバターと卵、砂糖、アーモンドパウダー、牛乳を1つのボールに入れて、よくかき混ぜる。

2. パイ生地を1枚シートの上に広げ、中心に1をのせ周囲を2cm残し平らにならす。

3. ならした生地の中にフェーヴを隠す。

4. もう1枚のパイ生地を3の上から覆いかぶし、周囲を2cm折り返す。

はがれない様に親指でしっかり押さえる。

5. 卵黄の溶き卵を4の表面にまんべんなく塗る。

6. フォークの先で表面に跡を付ける。

7. 180度に予熱しておいたオーブンで、20分〜30分しっかり膨らんで焼き色が着くまで焼く。

ブリオッシュ・デ・ロワ(別名: ガトー・デ・ロワ)

ガレット・デ・ロワは地方によって違いがありプロヴァンスではフランジパーヌを包んで焼き上げたブリオッシュパンです。ガレット・デ・ロワと区別するために、ガトー・デ・ロワ(Gâteau des rois)と呼ばれることもあります。上には大粒の砂糖とプロヴァンスの郷土菓子フリュイ・コンフィ(果物の砂糖漬け)が散りばめられています。

プロヴァンスの違いはもう一つ!

元々フェーヴとはそら豆の意味でそら豆は胎児の形に似ていることからフェーヴにはそら豆が使われていました。現在は陶器の人形が主流ですがプロヴァンスのブリオッシュ・デ・ロワには新旧のフェーヴ(そら豆)2つ入っています。

ガレット・デ・ロワもブリオッシュ・デ・ロワもパン屋さん、お菓子屋さん両方で売られています。この時期来られる機会があれば両方食べ比べてみてください♫

「【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.3 ガレット・デ・ロワとブリオッシュ・デ・ロワ」に2件のコメントがあります

  1. Maman さん、こんにちは!
    ガレットもブリオッシュも両方食べた〜い😆
    プロヴァンスのブリオッシュは宝石が散りばめてあるみたいで、とっても素敵💕💕
    レシピも紹介してくださって嬉しいです!
    フェーブと紙の王冠も忘れないで用意しないとね🥰
    Mamanさんは毎年作っているのですか?

    1. cherry様、コメントありがとうございます🤗

      どちらも高カロリーなケーキですが縁起物(1月だけ!)と言うことで目をつぶって頂きましょう🎶
      私は作っていませんが😋娘の誕生日会の時にはお友達を呼んで娘がガレット・デ・ロワを焼いて振る舞っていました( ꈍᴗꈍ)
      高校卒業してからはそう言えば作っていませんね🤔

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン