《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第11回 〜 マルセイユ旧市街編:聖母マリア信仰 〜

2022年01月03日
タグなし

2600年の歴史がある港街

マルセイユはフランスでパリに次いで2番目に大きい都市。
港があり、活気に溢れ、日本でいうと大阪に近いかもしれません。

さらにマルセイユはフランス最古の都市でもあります。紀元前600年にギリシアのフォカイア人が港を開いて建設した「マッサリア」が始まりといわれています。古くから交易が盛んで、移民の多い国際都市です。

ちなみに、フランスの国歌は『マルセイユの歌(ラ・マルセイエーズ La Marseillaise)』という題名なんですよ。

丘の上のやさしい母

丘の上にそびえる「ノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院」は、マルセイユのシンボルです。

ノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院の鐘楼の上では、黄金の聖母マリアが街を見守っています。
港の船乗りたちは、彼女に見守られながら航海に出ていました。
この聖母マリアは地元の人々に「やさしい母(Bonne mère ボンヌ・メール)」という愛称で親しまれているそう。

寺院の上からは、360度マルセイユを一望できます。
高いビルはほとんどありません。地中海と赤茶色の屋根が並ぶプロヴァンスらしい眺めです。

風情ある旧市街

マルセイユの旧市街であるパニエ地区にやってきました。
かつて漁師たちの居住区だったところです。

石畳の狭い道には生活感が感じられます。
窓辺には洗濯物がかけられ、玄関には植物が置かれ、壁にはグラフィックが描かれています。

聖母マリアの被昇天祭

折しもこの日は8月15日、聖母マリアが天に昇った日でした。

パニエ地区の入り口に位置する「サント・マリー・マジョール大聖堂(La cathédrale Sainte-Marie-Majeure)」に入ったところ、偶然「聖母マリアの被昇天祭(Fête de l’Assompation de la Vierge Marie)」に遭遇しました。

聖母マリア像が大聖堂を出発するところ。
集まった人々は聖歌を歌い、拍手をしながら、「ビバ マリア(Viva Maria)!」「ビバ ラ マドンナ(Viva la Madonna)!」「グローリア(Gloria)!」などと叫んでいます。
扉の向こう光の中へ吸い込まれていくマリア像が神々しい。

大聖堂を出たマリア像は旧市街を練り歩き、人々がぞろぞろ続きます。


アパルトモンの住人も窓から見下ろしています。


一行は港が見える高台の交差点で止まり、港の繁栄を見せるように、マリア像を掲げました。
そして聖歌を歌いながら、「ビバ ラ マドンナ(Viva la Madonna)!」などと声をあげ、手を叩いています。


熱気に圧倒されてしまいました。
マルセイユの人々の、聖母マリアに対する信仰心の厚さをヒシヒシと感じました。


歩いているとわかりますが、マルセイユには海を隔てた北アフリカからの移民が多く住んでいて、プロヴァンスの他の地域とはかなり毛色が異なります。
治安が悪い面もありますが、多人種・多文化が共存するとっても面白い街です。

マルセイユの魅力は1回のブログでは書ききれないので、数回に渡って紹介していきたいと思います。

「《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第11回 〜 マルセイユ旧市街編:聖母マリア信仰 〜」に2件のコメントがあります

  1. 大聖堂からマリアさまを担いで街を歩くのですね😳日本でいうお神輿でしょうか?🤔 コロナ禍になり私の地域では2年御神輿中止です 田舎だからでしょうか 全面ガラスの小屋が建てられ神輿を飾るようになりました😆

    1. CHERQUEさん。確かに、日本のお神輿とそっくりでした!フランスでもコロナのためにたくさんの地域の行事が中止になり、寂しいです。とはいえ、新しい方法が生まれるのは面白いですね。はたして今年はどうなるでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン