《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第4回 〜夏を彩る、街中の演奏会〜

2021年06月10日
タグなし

街中に音楽あり

エクス・アン・プロヴァンスに住んでいると、生演奏を聴く機会がたくさんあります。
例えばある夏の夕方、街の目抜き通りであるミラボー通りを歩いていたら、中世の王族ルネ・ダンジュー像の前に設営されていたステージで、ピアノの演奏が始まりました。


辺りに美しい音色が響き、自然と人が集まってきます。
ちょうどディナータイムになったので、そのまま目の前にあったレストランのテラス席に座りました。
サマータイムの明るい日差しの中、ピアノの音色を聴きながらの食事。なんとも優雅なひとときでした。


ほかにも、毎週マーケットが開催される通りや、バカンスシーズンで賑わっている広場などで、どこからともなく流しの奏者が現れ、人々の時間にBGMをつけてくれます。

それからエクスでは、毎年7月にヨーロッパ有数の音楽祭「エクス・アン・プロヴァンス音楽祭(Festival d’Aix-en-Provence)」が開催され、世界中から観客が訪れます。期間中は優れたオペラ作品が街中の複数の会場で上演されます。

無料でライブ聴き放題! 道端の音楽祭

また、エクスの夏は「道端の音楽祭(musique dans la Rue)」も開催されます。
2020年は8月22日からの8日間、街内の広場や庭など10箇所で、毎日夕方からライブが開催されました。
一日合計約20ものライブが行われ、うれしいことに全て無料!


(↑ 会場で配られていたパンフレット)
市のホームページやパンフレットからスケジュールを確認して、「今日はあれを見よう!」と決めて出かけてもいいし、ブラブラ散歩しているだけでも何かしらライブに遭遇します。

期間中、街の様子はこんな感じでした。

市庁舎前では、アコーディオンを中心としたアンサンブルが、軽快なダンス酒場の音楽を奏でています。集まった人たちもノリノリ。


「アルベルタ広場(place d’Albertas)」では、竹を使ったオジナル楽器が、和の音色を響かせていました。
ちなみにこの広場は16世紀につくられたもので、情緒たっぷり。そんな場所で聴く音楽は、ひときわムードがあり、うっとり聴き入ってしまいました。


人数制限がある会場では、開場30分前から列ができていました。
中に入ると・・・

「Chapelle des Oblats」という教会の中庭で、ピアノとチェロの演奏です。
日本でクラシック音楽の生演奏を聴くには、それなりの金額のチケットを買う必要がありますが、エクスでは無料。しかもこんな至近距離で鑑賞できる。住んでてよかったぁ。


裁判所前でのファンファーレを動画で撮り続けてみました(風強い)。
最初はまばらだった観客が、徐々に増えていくのがよくわかります。
階段に腰かける若者、自転車に乗った家族、犬を連れたマダム、遠くから眺める老人・・・。
普段街を歩いているときと同じようにいろんな人がいて、この音楽祭は市民みんなで楽しむものなんだなと、つくづく感じました。

PCやスマートフォンでしか音楽を聴かなくなった昨今、プロヴァンスではこうした街中の演奏が暮らしを彩ってくれます。
質のよい生音は、感性を磨いてくれそうですね。

「《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第4回 〜夏を彩る、街中の演奏会〜」に1件のコメントがあります

  1. エクスに住んでいないと、このような素敵な出会いはなかなかないでしょうね。
    旅で遭遇したら、超ラッキーだと思います。
    画像からでも音楽が聞こえてきそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新着投稿記事

プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.4

こんにちは。 南仏エクサンプロヴァンス在住6年目に突入した青漣と申します。皆様お元気でいらっしゃいますか? 食べ歩きが大好きで「氣」と「愛」の入ったお料理を求めて放浪しています。 日本ではまだマスクをしている方が多いよう

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・キッチン

【プロヴァンス・キッチン】【青漣のプロヴァンス美食巡り〜ミシュラン笑撃レポート編】no.3 La Closerie

皆様こんにちは。「氣」と「愛」のこもったお料理を探して放浪しております青漣です。エクサンプロヴァンスも日が長くなり良い季節になってきました。日本も若葉が目に染みる季節ですね。こちらは今菜の花、藤の花、花蘇芳などが本当にき

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む

新着投稿記事

プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第20回 〜 歴史、花、海、ダンス!?「イエール」の盛り沢山な一日 〜

イエール(Hyères)は、地中海に飛び出ている半島があるまちで、「黄金の島々」と呼ばれる3つの島を有しています。 まちに7000本のヤシの木が植わっていることから、イエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palm

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第19回 〜 ラベンダー畑へ:③ソーエリア編 〜

真正ラベンダーとラバンジン ひとくちにラベンダーといっても、いくつも種類があるのをご存知ですか? スパイクラベンダーとかイングリッシュラベンダーとか、調べるといろいろあるのですが、プロヴァンスのラベンダーを見に行くにあた

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第18回 〜 ラベンダー畑へ:②セナンク修道院エリア編 〜

「セナンク修道院」は、キリスト教カトリックの「シトー会」の修道院です。 シトー会って何? シトー会は、12世紀にブルゴーニュで設立された修道会で、戒律を厳密に守り、質素な生活を送ることを信条としています。 清貧を貫くシト

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《プロヴァンスの風物詩》no.6 Pâques (復活祭)

カトリック教徒の多いヨーロッパでは復活祭はクリスマスと並んで大切にされている伝統行事です。復活祭は春分後の最初の満月の次の日曜日となり、毎年異なります。2022年の復活祭は4月17日(日)です。4月は復活祭休暇の観光シー

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第17回 〜 ラベンダー畑へ:①ヴァランソル高原エリア編 〜

「ラベンダー街道」をゆく プロヴァンスの風景といえば、ラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プロヴァンスには広大なラベンダー畑が広がっていて、毎年6月下旬から7月にかけて大地が紫色に染まります。 ラベ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第16回 〜 ローマ教皇のおひざ元だった「アヴィニョン」 〜

あの歌の橋は途中で終わっていた! アヴィニョンのまちことは知らなくても、「アヴィニョンの橋の上で」という童謡は聞いたことがあるという人、多いのではないでしょうか。私もそうでした。 歌に出てくる「アヴィニョンの橋」です。

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第15回 〜 岩山の小さな村「ムスティエ・サント・マリー」の高級陶器 〜

ムスティエ焼きで知られる小さな村 ムスティエ・サント・マリーは、プロヴァンスの山岳地帯にある人口700人程度の村です。 このブログの第六回〜スリルと景勝!「ヴェルドン渓谷」をドライブ〜で紹介した、サント・クロワ湖にかかる

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《ニースっ子ステファニーのコート・ダジュール紹介》第八回 〜スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー〜

スミレの村 トゥーレット・シュル・ルー 南仏に数えきれないほどかわいい村がありますが、その中でもあまり知られていないトゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes sur Loup)はとてもおすすめの村です。 サン・ポ

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

《旅好きライターのプロヴァンス暮らし》第14回〜 四季折々、花があふれる「ボルム・レ・ミモザ」〜

探検したくなる村 ボルム・レ・ミモザは、海から山へと斜面に張りつくようにある村です。 村がいまの姿になったのは12世紀、外敵の襲来に備えて、あえて不便な場所につくられたそう。 こういう防衛のために高い場所につくられた村は

記事を読む
プロヴァンス・ダイアリー

【プロヴァンス・ダイアリー】【プロヴァンスの風物詩】no.4 クレープの日、シャンドラー

2月2日は、プロヴァンスに限らず、フランスではクレープを食べる日です! この日は、本来はシャンドラー(Chandeleur ろうそく祝別の日)というカトリックの祝日で、マリアとヨセフが生後40日のキリストを連れ神殿をお参

記事を読む
ログイン